免疫がつく

ブリーダーによって販売されているチワワやトイプードルは小さいので子どもから多くの人気を集めています。
大型犬だと子どもとの力に差があるので、飼育するのが不安という人でもチワワやトイプードルなら、体のサイズも良いくらいなので子どもも接しやすくなります。

また、チワワやトイプードルなどの犬を買っている子は、免疫が強くなるので、風邪や病気にかかりにくい体になります。
子どももよく動きまわるので、遊び相手としてもチワワやトイプードルは喜ぶことでしょう。

散歩

チワワやトイプードルを飼う際に必要なのは、定期的な散歩となります。
ずっと室内にいる状態だとチワワやトイプードルは運動不足の状態になってしまったり、ストレスを溜めてしまいます。
ストレスが溜まってしまうと吠えたり、噛んだりするようになります。

このような状態にならないように、散歩や運動を一緒に行うようにしましょう。
ブリーダーでもどのような頻度でどれくらいの距離が良いのか説明を行うので、アドバイス通りに散歩や運動をさせるようにしましょう。

しつけ

チワワやトイプードルをブリーダーから購入した場合は、きちんとしつけを行いましょう。
しつけを怠ってしまうと、気に入らないことがあると吠えたり、トイレの場所を適当に選んだり、他人に対して吠えたり、噛んだりする癖がついてしまいます。
上記のような行動は、家庭内だけではなく、周囲の人にも迷惑が掛かってしまうので、犬を飼う立場としてきちんとしつけを行うのがマナーとなります。

しつけをきちんと行うことで、犬と飼い主の関係も良い状態になり、信頼関係を強く持てることが出来ます。
犬にもきちんとしつけを覚えてもらうことができるので、頑張ってしつけを教えるようにしましょう。

癒される

チワワやトイプードルの飼育を始める人のほとんどは、癒されるということから飼いたいと思い始める人がほとんどです。
家族で飼育を始める人や、一人暮らしの人、夫婦のみで暮らしている人など、さまざまな家庭の形があります。
家族が少ないとどうしても寂しい気分になるものです。
そのため、喜んで飼い主に懐いてくれるので、仕事で疲れている場合でも犬が喜んで迎えに来てくれると疲れも吹き飛ぶと言う人もいるでしょう。

このように、寂しい気分を埋めてくれるので、チワワやトイプードルはとても大切な存在となるでしょう。
きちんと飼育出来るかどうか不安である場合は、ブリーダーに相談を行って、どのように育てればよいのかアドバイスをもらうことができます。
そのため、不明点はあれば積極的に聞いておくと良いでしょう。

なつきやすい

ブリーダーが多く取り扱っているチワワやトイプードルのような小型犬は飼い主にとても懐きやすく、気持ちを素直に表現してくれます。
そのため、自分の買っている犬が今どのような気持ちなのか感じ取ることが出来ます。
猫やうさぎ、ハムスターと比べて体調不良であることを、仕草で見せてくれるので、体調が悪そうだなと感じたらすぐに病院に診てもらう事ができ、早期発見にもなります。

また、上下関係を知っているので、飼い主対してはきちんと言うこと聞いたり、あまり見ない人だと警戒をします。
信頼できそうな相手だと判断すると、懐いている事を表現してくれます。

小さい

チワワやトイプードルは共通して、体の大きさが小さい事で知られています。
体も軽いので、抱っこして移動をさせやすく、マンションのような小さめのスペースでも過ごすことができます。
そのため、一人暮らしをしている女性を中心に人気が高く沢山の人にチワワやトイプードルの飼育が行われています。

このように、たくさんの人から人気が高いため、たくさんのブリーダーがいます。
飼育を考えている場合は、最寄りのブリーダーのお店へ見学を行って情報を集めると良いでしょう。